住まいのやきもの

古伊万里風菊牡丹絵 万華鏡 (Kaleidoscope)

万華鏡は1816年にイギリスで発明され、オランダ東インド会社によって日本にもたらされたと伝えられています。それから180年余年の時を越え、世界で初めて磁製万華鏡が誕生しました。
源右衛門ならではの繊細な唐草と華奢な古伊万里様式の菊牡丹で装った、両目でのぞく卓上オイルタイプの万華鏡。片目で覗く万華鏡とは異なり、映像にさらなる奥行きがうまれ、画像の中に自分が居るような美しさです。有田焼と万華鏡が織りなす華麗で繊細な文様美のハーモニーを、「掌のなかの宝物」として末永くご愛用いただけます。
(万華鏡作家の第一人者 山見浩司氏監修)

古伊万里風菊牡丹絵 万華鏡
こいまりふう きくぼたんえ まんげきょう
縦25.0 × 横19.5 × 高さ19.0 (cm) ・648,000円(税込)

このページの先頭へ