住まいのやきもの

染付粟に鶉絵 大皿 (Large Dish)

「これほど端正で完成された染付はないだろう」と評価をいただく、源右衛門窯代表作の一つです。つがいの鶉(うずら)を中心とした粟(あわ)の束と、放射状に埋めつくされた蛇の目紋が、大皿全体にピンと張りつめた絶妙のバランスを構成。下絵付師の技が冴える呉須の発色と、かすかに見える柞灰釉(いすばいゆう)特有の光との調和に、他に見られぬ微妙な優しさがあり、室内空間を個性的に装ってくれます。

染付粟に鶉絵 大皿
そめつけ あわにうずらえ おおざら
径60.0 (cm) ・1,944,000円(税込)

このページの先頭へ